hayamihoのブログ

フットボールを愛しています

赤パンの男。噛み合わない人との会話は何語でも噛み合わない。そう永遠に。

サッカーのこと書きたかったけど、昨日(この記事は第20節ダルムシュタット戦の翌日に書きました)ドルトムントの試合が開始前からもうつまんなくて、入場してきた選手の顔つき見てもうダメだ今日気持ちが全然入ってないわ、って勝手に判断し、試合の間中ずっとバスタブに浸かっておりました。

 

代わりに赤パン履いた変な男の話をします。

 

新しく始めたお仕事が、事前に聞いていたよりも頻繁に英語を使うため、ちょっと英語で話す習慣を取り戻さなくては、と英会話サークルに参加してきました。

 

老若男女、いろんな方がいらっしゃいましたが、皆さん日本人で割とペラペラ。

 

自己紹介から始まりちょっとしたトピックについて意見交換したりしながら過ごしていたら、突然その男がやってきました。

 

大遅刻。

 

そいで、私の入っていたグループに途中参加。

 

見た目は普通。

っていうか、小綺麗にまとまっていて、NHKとかのアナウンサーにいそうなタイプ。

 

でも赤パン。

 

うーん、デンジャラス。

 

と、見事そのデンジャラス予想が的中し、彼はそれまでの会話の流れを一切無視して、突如一人で話し始めました。

しかもその話が、筋道も立っていないしどこに帰着するかもわからない、ただ自分が知っている情報を英語で羅列していくだけのものなので、誰も絡めずそのまま時間だけが過ぎて行きました。

隙を見て誰かがその離さないバトンをもぎ取っても、すぐにまた彼が連想ゲームのように思いつくことを羅列&提示し始めます。

 

例えば、こう。

 

僕は大阪から来ました。出身は愛媛です。でも最近の京都のホテルの宿泊料は高くなりましたね。去年の2倍です。去年が一泊***円で、今年***円だから約2倍です。外国人も多いです。これは大阪も同じです。そしてわたしは今日大阪から来ました。愛媛にはこういうサークルがなかったし、外国人もほとんどいませんでしたので、英語を話す機会がありませんでしたが、大阪で同じようなサークルに・・・・・・。

 

何かレポート読んでもらってるみたいな、そういう感じで、まるでやりとりができないのです。

 

質問しても、それに答えるふりをして元の話に戻って同じことを繰り返します。

 

喋れないわけではないんです。

 

何ていうか、極端に一方的なのです。

 

わたしはその長〜いいつ終わるとも分からない彼の話にウンウンと頷きながらずっと彼の赤パンを見つめておりました。

 

こんな赤いズボン、どこに売ってるんだ?

 

ちょっとサテン地ぽく生光りしてるし。

 

赤いし。

 

いや、紅と言うべきか。。。

 

そしてとうとう1対1トークタイムがやってきて、案の定わたしの相手は赤パン氏。

 

なんでもいいから話し始めてください、と促され、わたしは思い切って彼に尋ねました。

 

「あなたはどこで英語を習われたんですか?」と。

 

するとすかさず「NHKラジオ講座です。」という答えが。

 

…って、

すごくない⁈Σ(・ω・」)」

 

え?それだけ?

 

彼「はい…(照れ笑い)」

 

マジ?

 

彼「はい。ずっとラジオの英会話講座で勉強してきました〜f^_^;)。それ以外は何も。」

 

そしてなんとも切ない生い立ちや現在の境遇について、また例のごとくレポート音読トークが始まり、なんとなくですが、わたしは彼があまり恵まれてるとは言い難い境遇の中で、英会話だけにすがりついて生きてきたことを理解し始めました。

 

でも顔や容姿が整っているだけに、その履いているズボンが真っ赤だったり、間違って身につけた変な癖のある発音とか、たとえばforeign を”ホーラン、ホーラン”と繰り返したり、小さい子供にとってテレビがいかに有害であるかを力説しながら強調していたharmfulをみんなから「humbleは日本語で謙虚っていう意味だよ」と注意され「いや僕humbleなんて一言も言ってないし笑」とか、そういう狙ってないワイルド感が余計哀愁を漂わせ、なかなかシュールでホラーなひとときを演出していました。

 

そして後半ごろには、もう誰も彼に絡まない。

 

ってか、絡めないのです。

 

結果、彼ひとりが終始ごきげんマシンガントークを繰り広げ、帰って行きました。

 

そしてグループトークの合間合間に何度も、そしてなんの臆面もなく、

「結婚してるの?」

とか、

「歳いくつ?」

とか、

「え?お子さんいるの?」

とか、ふつう初対面女子にきいてはならないとされている禁止クエスチョンシリーズを連発し、周りをかな〜りドン引きさせていたことにも、本人だけが気付いていない様子でした。

 

その後も「結婚してるとは思わなかったなぁ〜!」と何度も日本語で言い続け(しつこい💢)赤パン氏は帰って行きましたとさ。

 

めでたし、めでたし。

 

わたしはもうあそこには2度と行かないかも。です。

 

 さよなら、赤パン。

 

 

【個人的感想※怒らないでね!】とーますトーゥヘルさんという人

※この記事は個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

 

采配がうまく当たったら、どうするかって?

とりあえずそれがうまくいくことはわかったので、次はちがうことしてみる。

当然。

同じこと繰り返す意味わからへん。

だって、これがうまく機能するなら、もうちょい改造してジェットエンジンつけたくなるじゃん!

人生は改造の連続。

人もチームもそうやって成長していくのです。

 

デンベレの持ち味わかった!

最高のパフォーマンスできるんはここか、あいつ。やるなぁ!

本人も手ごたえ感じてる!そうか!

よし、じゃ今度はちがう使い方してみよう!

 

あれ?

 

おかしいな。

 

故障したかな?

 

はい、交換。

 

連続使用はやっぱダメやな。休ませな。

 

久しぶりにカガワ使うかな〜。

あれ最近やってないから久しぶりにまた試してみようかな。

 

あれ?

 

カガワセットの駒が足りない…💧

 

ダメじゃ〜〜ん!

カガワ使えないじゃん。

どこ行った?あのセット。

 

あ、売っちゃったわ。

 

じゃ、ゲレイロのセットにカガワサブでつけて、と。

いや待てよ。

ゲレイロセットにカガワはピンとこないなー。

ま、カガワは何にでも使えそうやから入れとくか。最終手段や。

 

でもカガワ入れるとなんかどっかでみた感じの試合運びになっちゃうんだよねー。

俺色がなくなる、っていうかさ。

もっとこう、マシナリーな試合運びでクレバーに勝ちたいじゃん。

 

前線が戦術無視して躍動するのとかみたくねー。

 

てことで、俺の意図しないケミストリーは潰す!

 

あと、ダービーで熱くなるヤツは戦力外だから。

 

全ての試合が平等に大切なのです。

 

ダービーとか、バイエルン戦とかは、そこんとこ強めにアピール行くから夜露死苦‼︎

 

てことで次はどんな若手混ぜちゃおうかな〜。

実験♪実験♪

 

(個人の感想です。なんの根拠もありません。ただの感想です。)

扶養という生ぬるい風呂を出たら寒くて震えたけどちょっとワクワクもしている、そんな新生活のご報告です。

今日派遣会社から送られてきた簡易書留の中身は健康保険証でした。

 

さよなら。ぬくぬく扶養生活。

 

そして今月から私だけ家族とは違う保険証・・・。

 

ちょっと嬉しい。

 

そして、ちょっと不安。

 

今まで知らないうちに旦那の給料から天引きされていた社会保険料を、この少ないお給料から払うのか…。

 

国、鬼だな。

 

そして職場で支給されたPCはエプソンで、ATOKで、もちろんWindowsで、印刷会社に回すシンポジウムのプログラムをなんと驚きのWordで作成とのご指示にビビり、スライドはもちのろんのことパワポ

 

パワポ

 

久しぶりに見たぜ。パワポ

 

お久しぶりです、ビルゲイツさん。

 

ジョブスの世界から帰ってまいりました。

 

あなたんとこ、相変わらずのダサさですね!

 

困ってます。

 

あと、”Wordで印刷用原稿の編集をする”という指令が激ムズすぎて困ってます。

 

タブとリーダーの2CB間の意思疎通がなかなかうまくいかず、両サイドバックの動きが全く揃わなくてお手上げ状態でした。今日。

 

半角の半分くらいずれるの、あれ、何?

 

どうやってもあの微妙なズレを改善することができず、とうとう監督である博士自らがピッチに立ち選手間の意思疎通を手助けしてくださいました。

これには敵チームの選手たちも度肝を抜いていました。

 

そして試合終了のホイッスルが。。。

 

私には、あの広いWindowsスタジアムでの戦いを制することができませんでした。

 

試合終了後、監督に謝りに行くと、

「あのレベルまでチームを引き上げてくれて助かっているのだよ。私がしたのは瑣末な修正に過ぎん。」

とおっしゃって下さったけれど、今後また何度監督をピッチに引きずり出すことになるのやら…不安は一向にぬぐえません。

 

そして、1日だけ会うことのできた前任者からは、口頭での引き継ぎのみ。

 

よってメモが暗号文。

 

部分ー検索、プロジェクトコード。

受託ー受託ー受託。

開始日は見積書・終了日は納品日。

わからん。

 

でも、なんとかやってみた。

 

間違ってたらすぐ内線くるっしょ。

 

ひとつひとつ壁を乗り越えていかなければならんのだけど、壁にぶち当たるまではその壁の場所がわからんので、もう前に進むしかないのです。

 

そしてTimesNewRoman指定の世界へようこそ。

 

ここは学術の森。

 

おしゃれ禁止。オシャ禁。

 

読みにくければ読みにくいほどありがたい、お経と同じなのです。

  

32,450yen → 32,450 Japan Yen と訂正され。

 

円って日本以外の国で使われてんの?

 

じゃあEuroもEurope Euroで。

 

と、瑣末なツッコミをするしかない自分の能力不足を痛感しながらタイムシート記入していたらなんとまだ今日で勤務開始からたったの1週間!

 

うそ!

 

もう1ヶ月くらいは経ってるって!

 

という濃い新生活をそれなりにエンジョイしております。

 

来週はとうとうダービー並みのビッグイベントがあり、助っ人外国人がやってきます。

 

何も間違えませんように。。。

サッカーかフットサルか。

 

京都に引っ越すことが決まってから、京都サンガの「大人のサッカースクール」に通うぞ、とけっこう固く決意していました。

 

なので、体験後は何も迷うことなく普通に申し込みするつもりでした。

 

でもその体験教室に2回行ってみて、迷いが生じました。

 

サッカー教室では、当たり前ですがサッカーを教えてもらうことになり、それまで指導を受けていたフットサルのトラップなどに修正を加えなければならなくなりました。

 

そこまでは良かったのですが、今度フットサルに参加すると、今度はサッカーで身につけた技術に修正が加わり、混乱してきました。

 

これも本当に当たり前のことなのですが、サッカーとフットサルは違うスポーツなのです。

 

サッカーにはサッカーの、フットサルにはフットサルの流儀があるのです。

 

もうこれは別のスポーツと考えなくてはならない、と思うようになりました。

 

似て非なるもの。

 

サッカー経験者がフットサルを始めるのとは違い、私はどちらも未経験です。

だから、どちらともを同時に習得するのはほぼ不可能だと感じました。

まず、どちらかに絞らなければならない。

 

さあ、どっちをやるか。

 

けっこう長い間考えました。

 

いろんな方にご意見も伺いました。

 

それぞれのいいところも整理して比較してみました。

 

【サッカー】

◯例えば男性にプラスワンとしてカウントされ、「いいから前にいて」と指示されてもFWとしての仕事がたくさんあり(オフサイドがあるので駆け引き等)、自分の判断でそれなりに勝利に貢献することができる。認めてもらうチャンスを自ら作り出すことが可能。

◯ポジションごとの役割が明確でわかりやすい。

◯接触プレーにもある程度寛容なのでフットサルほどの気遣いは無用。

◯コートが広いため強いパスやシュート蹴っても平気。

◯年配の男性が多く、人付き合いに気を使うことが少ない。教室外のお付合い等がない。

◯スパイクはける。

◯芝がフカフカ

◯ルールに馴染みがある。

 

【フットサル】

◯女性の参加率が高い。

◯スポーツとして今後の伸びしろがある。女性でも今後リーグ参加等の機会が増える兆しがある。

◯仲間が多い。

◯クリニック等の開催場所・機会が多く充実している。

◯とにかく「これから」感がありワクワクできる。

 

本当は私が好きなのはサッカーなんですが、続けていっても先が見えてこない感じが正直ありました。

反対にフットサルには今後上達してから登ることのできる階段が数段先まで見えてくるような、そんな明るい未来を感じていました。

 

で、名古屋に帰った時、いちばん信頼しているコーチに相談してみたところ、あっさり「これから始めるならぜったいフットサルだと思います。」と即答。

 

心が決まりました。

 

彼はいつも正しい。

間違えたことありません。

そこだけはホント信頼しています。 

 

サッカーあるいはフットサルにおいて、彼は私の強力なメンターです。

 

だから、フットサルを集中してやることに決めました。

 

そして今はいろんなフットサル場のクリニックに参加して、自分にいちばん合っている施設を探しているところです。

(まだここだ!というところは決まっていません。)

 

それに、フットサル自体もぜんぜん上達せず、凹む日々が続いています。練習で習得したと思ったことも、実際のゲームではからっきしできないことがあり、練習で「できた」と思うことがもう信用できなくなってきてしまいました。

 

教えてもらって一通り練習したことを、どうゲーム中のプレーに落とし込むのか。

 

今はそのことと格闘しています。

 

あちこちのフットサル場でクリニックに参加していますが、教えてもらったことを自分のものにする場所がまた別に必要なのかもしれません。

 

ちょっと真面目すぎる、と言われることも多いので、もう少し気楽な気持ちで楽しめるようにしたいのですが無理かもですね。笑

 

今日、新しい職場でさっそく「真面目」とか「仕事熱心」と言われてしまいました。

私は「力抜いてる」感演出してるつもりなので、そういうのってけっこう恥ずかしいです。。。(´-`).。汗

 

でもまぁ仕方ないですね。

 

ぼちぼち頑張ります。

(っていうか頑張ってないと死んじゃう病気なのかもしれません)

 

 

 

祝・嬉しい社会復帰♪

今日、派遣会社との契約が終わり、子供達を放課後に預かってもらう京都市の学童クラブへの申請が無事終わりました。

  

2月1日からの勤務開始に合わせての学童クラブ利用申請は今日中でないと間に合わない、と言われていたので、本当にギリギリでした。汗

 

間に合ってよかったです。

 

子供達を預けるにあたって、夫婦二人ともの就労証明書がいるんですが、本社で発行されて郵送されるはずのその証明書がなかなか届かず、京都支店で契約したあと祈るような気持ちで飛んで帰ってきたら、ちゃんと今日届いていました。

 

子供達が渡してくれた。

 

旦那のは昨日レターパックで届いていたので、そのまま申請書類一式を抱え児童館に走りました。

 

4時頃には無事到着。フゥ〜!

 

で、特に不備もなく、無事そのまま受理していただけました。

 

「では2月からどうぞよろしくお願い致します。」とクラブの方に頭を下げ、

児童館を出て、

家までの道のりを歩きながら、

やっと「本当に働くことができるんだ」と実感。

ちょっと泣いちゃった。

 

名古屋では、実母の経営する美容室の事務手伝いをしていましたが、暗に、

子供達が小さいうちは家のことを優先するように、という圧力がかかっていました。

 

実母によって。

 

だから、他の仕事に就業しなくてもいいように、あれこれ世話を焼かれていました。

お給料も就業時間にかかわらず一定金額が入るようになっていましたし、私が節約をしすぎないように、いつも無農薬の野菜セットやお米などを断っても断っても大量に送ってきました。

そして私が他の仕事に就こうとすると、何のために働くのか、子供がかわいそうだ、と言うのです。

彼女は私が社会復帰する理由を片端から握りつぶしていきました。

そして最終的に、私を美容師にして店を継がせようとしました。

 

でも、それは私の仕事、私の人生ではありません。

彼女のものです。

 

私はきっぱり断りましたが、その後も名古屋での状況は変わることがありませんでした。

 

今回の京都への引越しは、私にとってやっと自分らしく生きることのできる絶好の機会となりました。

 

感謝しかない。

 

もっと時間をかけて、いろんな選択肢の中からじっくりと仕事を選ぼうと思っていたけれど、不思議なご縁の連続で、どうしてもある一つの職場からのオファーが来続けました。どこの派遣会社に行っても、結局紹介されるそのお仕事。

 

もうこれは何かのご縁だと思ってお受けすることにしました。

 

でも、職場見学に行き直属の上司となる方と面談をしたり、いろいろと手続きをする中でも、わたしはずっと不安でした。

 

これは本当なんだろうか…?。。。(´-`).。

という気分。

 

子どもたちは本当に大丈夫なのか?

 

誰もいない家に置き去りにしなくてはならなくなったりはしないだろうか?

 

病気や怪我をしたらどうしようか?

 

授業参観の時、本当に仕事を休むことができるだろうか?と。

 

ずっと檻に閉じ込められていたので、鍵が開いているのはわかっていたのですが、出るのが怖かったのです。

 

でも今日、実際に学童クラブの申請が受理され、娘と息子の居場所が用意されるのをこの目で確認した時、やっと実感することができました。

 

わたしはもう檻を出ることができるんだ。

そのことで私を非難する人はもうここにはいないんだ。と。

 

清々しい気分でした。

そしてちょっと久しぶりに感動しました。

 

こんなこと、本当にバカバカしいことだとは思うのだけど、私が何よりも嬉しいのは、私自身の知り合い、友達、上司など、自分だけの人間関係を築き、そこに誰にも属さない自分自身の居場所を作ることができる、ということなんです。

 

まるで新一年生です。笑

 

子供が生まれてから、ずっと誰かの影であり、保護者だったから、お母さんとか、ママさんとか、奥さんとか、そう言う呼び名で呼ばれ、書類には旦那の名前でサインをし、印を押し、子供の名前で呼ばれて返事をし、そう言う生活がもう10年続いていたから、喜びもひとしおです。

 

やっと、誰か他の人と、私という個人で向き合うことができる場所に行けるのです。

 

独立したひとりの人間として社会に参加できるのが、こんなに嬉しいことだなんて今まで知りませんでした。

 

仕事内容は希望していたよりもずいぶんハードなものになりましたが、直属の上司となる方からは「ここである程度の経験を積むことは、必ず将来のキャリアにつながる」と言われ、覚悟を決めました。

 

どんなに大変でも、愚痴や弱音を吐かず、やり抜いてみよう、と。

 

もちろんフットサルも続けます。目標もできました。

 

あんまり嬉しかったので、たぶんこれから必要になるだろう手帳とA4ファイルの入る鞄を新調♪

f:id:hayamiho:20170127185043j:plain

よーし、がんばるぞ💪✨

アシスト魔

とあるフットサル場のイベントPRに、こんな一文を見つけました。。。

 

 自分のアシストによって気になるあの子がゴールしたら……ハイタッチのチャンス!』

 

…て、(´-`)イラッ...。

 

そういうことかオァアアアアっ!

 

女の子は前に張っとけ張っとけって、うるさいのコレなんかおい?

 

こっちはフットサルしにきとるんじゃワレボケぃゴルアアアアア!

 

それに、知らんがな。

 

お前のアシストなんか、知らんがな。

 

出しても出しても戻ってくる、わしのアシスト…これかい。

アシストしてんの私なのにさ、なんでまた戻してくるの?って思ってたらさ。。。

一応、男子的にはMIXの場合こういうレディーファーストがあるんでしょうかね。

”気になるあの子”でなくても、ブサイクでも、オバちゃんでも、”気になるあの子”と分け隔てなく接している的な、そういう気遣いの一つとしてこういうのしてた?

もしかして。

脱力。

 

失礼ね。

ホント。

 

こっちはギリギリのとこで割と的確に状況判断して託してんだから、打てるときに打つのが礼儀だろ、オイ。

 

いいからとにかく、打てぃ!!!

 

そして張ってろ張ってろと言うのならば、

絶対にロストすんな、絶対に。

 

でも、そうか。

 

そういうことか。

 

女子はいるとやたら「オフサイないから前にいて」っていう男子のヘボさこれか。

 

最後にフォロー。

※京都来てからは1度もこういう人に出会っていません。

(まだ1ヶ月だから断定はできませんが)

(今のところは)

(まぁいろんな人がいるからあれだけど)

(大学のサークルもたくさんあるし、学生リーグも社会人リーグも活発で、国籍性別年齢ごちゃ混ぜ&みんなでフットサルを楽しむ素地が名古屋よりは浸透しています)

 

そして京都含む京滋奈ブロックには女子のフットサルリーグがあります。

 

いつか私もチームに所属してリーグで戦ってみたいな、とか、京都に来て初めて具体的に思えるようになりました。

 

ホント京都きてよかったです。

 

「女の子は前に張ってて。アシストするから。」っていうのホント嫌い。

プレミア第22節マンチェスターシティvsトッテナム戦。

今日は元気ないので、かいつまんで。記録。私的な。

 

・ペップの頭がピカピカ光っててやる気十分。

・4−1−4−1ぶつけて大当たり。向こう3−4−3。人選もよく相手方3バックにうまくハマった。攻撃やりたい放題。

 

※2017.1.26追記:らいかーるとさん(@qwertyuiiopasd)のブログにより、これは間違いでシティの最初の布陣は3トップだったことがわかりました。勉強不足。

らいかーるとさんのブログ↓

http://building-up.com/match-reports-premier-league1617/post-1711/

 

GK ブラボ

4 サバレタコラロフオタメンディ、クリシ

1 トゥーレ

4 ザネ、デブライネ、シルバ、スターリン

1 アグエロ

 

・ペップの絶対勝つオーラすごかった。目つきも。

・ソンフンミン後半から投入。

・デブライネ絶好調。

・後半4分のザネの先制点も実質デブライネの功績。

・それとロリスらしくないミス。

・↑2連発。で、同9分デブライネが追加点決める。

・13分、デレアリのヘディングが決まって失点。

・30分頃ソンフンミンに決められて同点に追いつかれる。

・ブラボ弱い…

・そんなブラボに解説も「今の触れなかったかなぁ〜〜…」と呟き。

・ブラボ・枠内失点率、というワードがTLに流れる。

・後半終了7分前、ガブリエル・ジェズス投入。

・若いぞ、ジェズス。鼻息荒く、ピッチをイノシシのように駆け回る。ちょっと敵も味方もビビってるぞw

・デブライネのエグいクロス、お前ならイケるだろ、という超エグいクロスに「はいっ!僕いけますっ!」とすごい嗅覚で反応したジェズスが決めたゴールはオフ判定でナシに…。

・飛び上がった後、判定見てすぐこう→_| ̄|○なるペップ。

・ジェズスの眉も下がり放題。

・そのまま試合終了。

・戦術も良かったし決して引き分けで終わるような内容ではなかったけど、引き分け。まぁ仕方ない。

・ちょっと良くなってる。

・次。さあ次。

 

おもろかった。

ペップのサッカーはやっぱおもろい。

 

また次の試合も見れますように。