読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hayamihoのブログ

フットボールを愛しています

自分から鉄棒の匂いがする、よく晴れた日の学区体育祭。フィナーレ。

 

今年で4回目の、そして名古屋で過ごすことのできる最後の学区体育祭。

特に需要もないかと思いますが、自分用に記念としてこの3連休のハイライトをまとめます。

 

折々に感じた、小さいけれど大切なことを忘れないように。

 

1日目(土曜日)

 

午前中、子供たちが通っていた幼稚園の先生の結婚式。

卒園児からのお手紙を届けに式場に行く。

 

雨で日曜日の学区体育祭が月曜(祝日)に延期決定。

2:30から予定されていた小学校での準備ボラ(学区フットサルチーム枠)も翌日に延期。

家族で「君の名は」を観に行く。

泣いちゃった。

帰りに車の中でダンナに「たまに初めて会うのにめっちゃ知ってる感じのする人いるでしょ。あれってああいうのの前世的な何かなのかもね。小学校の教頭先生がさ、なんかめっちゃ知ってる感じするんだよね。」と言って笑われる。

もう何も話してやらないと決める。

 

2日目。

 

朝から小学校体育館でフットサルの練習に久々参加。

みんな上手い。

小学生の、前にドルトムントの合宿に参加してた子が神がかってて惚れそう。てか惚れた。前に見た映画「ペレ」を彷彿とさせるジンガのリズム的なボールの持ち方に痺れる。

大学生も上手い。

すっごく上手い。

大人vs学生の得点板係してる時に、いきなり大人チームが先制。学生チームから「3点くれてやる」宣言あったのでホントに3点付けたけど、すぐに勝ち越して5点くらい入れた学生チームの意地すごい。てかホントに3つけてゴメンね。でも面白くなってよかった笑

自分の参加したゲームはもう思い出したくないレベル。

シュートミス酷い。凹んだ。。。

あと、足が動かない。遅い。

頭の中のイメージと、実際の体の動きの落差に落ち込む。

最後のゲームでヘルプに入ってくれていた学生さんが試合終了後「すみませんでした」と声かけてくれる。

いやこちらこそたくさんチャンスもらったのに外しまくって申し訳なかったです。

優しい学生さんたち、自分では決めずいつもボールたくさん回してくれて、本当にありがとうね。

いっぱい練習してはやく上手くなるね。

 

午後は予定どおり2:30に小学校の校庭で体育祭準備ボランティア。

万国旗を揚げるお手伝い。

なんだか知ってる顔がいっぱい。

この4年間、知らないうちにこの地域でたくさんの方にお世話になっていたことを実感。

どの顔もみんな見たことある。

どこでお世話になったかは思い出せないまま、ボランティア作業終了。

 

3日目。

 

体育祭当日。8時集合。

わたしの所属は体育団体。フットサルとバレーのチームが合同で用具係。

やっさんから憧れのF.F.F.C.ユニを貸してもらい大喜び。4番。

f:id:hayamiho:20161011001442j:plain

 

このユニに憧れてF.F.F.C.に加入希望した3年前を思い出し、今思いっきりフットサルを楽しめていることに改めて感謝。

 

息子のサッカースクールのコーチ。最初のきっかけをありがとう。本当に。

フットサル好きでしかもドルサポの美容師さん。相談ごとを真剣に聞いてくれてありがとう。

整体師さん、サッカー経験者の鍼灸師さん。いつも無理言ってごめんなさい。フットサルに参加する日程に合わせてのテーピングや調整をどうもありがとう。

嫌な顔ひとつせず、いつも子供達を預かってくれる両実家のW母。と、ダンナ。激感謝です。

 

そして体育祭では競技のお手伝い中に、土曜日の結婚式で手紙を届けた幼稚園の先生のお父様と遭遇。同じ学区出身だったのを思い出す。

「おめでとうございます」と声をかけると、名前を聞かれたので子供の名を伝える。

「無事に挙式を終えることができました。」と眩しい笑顔のお父様がヨーイドン、のピストルをぶっ放す。清々しい。

 

用具係としての仕事にご指示をくださるお姉様方のテキパキとした仕事ぶりにもほれぼれする。

そしてバレーのお姉様方に呼ばれ「バレーやらない?」とスカウトされる。

あと2ヶ月で転居することを伝えると「2ヶ月でもいいから是非いらっしゃい」と。

ありがたい。

実はちょっとやってみたかったバレーボール。昔取った杵柄で。

 

ユニ着てウロウロしていると、突如、知らない人から呼び止められる。

「これは(ユニ指差して)なんの団体なんですか?」と。

加入希望者かと思い、丁寧に説明するも、加入は希望しないと首を振る。

「大学の学生さんがボランティアで来ていらっしゃるのかと思って、大学のなんかサークルとかのユニフォームかな、と。。。」!

アラフォー、大学生に間違われ狂喜乱舞。

やっさんに「大学生と間違われた」と報告すると「やったね」だって。

うん、うれしい😄

 

娘もこれが最後のキッズビクス@学区体育祭。

動画でしっかり記録。すごく上手になってる。正直ここまで上達しているとは思っておらず驚く。

ふと見渡すと、同じ学校に娘さんが通っている国会議員の古川さんもスマホでしっかりお嬢さんを撮影中。

これもいつも見てきた景色。

夏祭りも、体育祭も、いつも議員として来賓席に座りながら、お嬢さんの出番の時にはただのお父さんになる。

この方の存在は、地味に私の国会議員のイメージを変えた。

地域の行事の時には必ず顔を出し、挨拶をし、私たち一人一人に頭を下げ、でも私たちと同じく保護者としてそこにいる。それって実はけっこう大変だと思う。

幼稚園も小学校も、私たちと同じ。

すごいことだ。

お仕事頑張ってください。

もうお父さんとしての古川さんを拝見する機会はなくなってしまうけれど、これからもご活躍をお祈りしております。

 

ラムネ飲み競争。ラムネ並べる係。来賓枠で参加した教頭先生が、すごい速さでラムネを飲み干し、驚愕。

 

パン食い競争ではパンの係。終わった後に余ったパンをもらって食べた。

「もう1個食べたい」と言ったらたくさんもらえたので5個食べた。

美味しかった😋

ごちそうさまでした。

 

綱引きに出たけど、2回戦で敗退。残念。いつもながら、御影つよい。

 

大玉送りのお手伝い。

ぽんぽん跳ねてく大玉を触りたい子が背伸びしたりジャンプしたり。

「抱っこして」という男の子を抱っこしてあげる。

やっと少し触れて満足した様子。

ズルだけどね。

競技が終わった後も抱っこから降りない。

ママどこ?と聞いて指差す方を見ると、髪の長い若いママが恥ずかしそうにこっちを見ている。私もなんだか恥ずかしくなる。

はい、抱っこ終わり〜と降ろすと、ちょうど参加賞のお菓子配っていた。助かった。

 

知ってる子がいっぱいいる。

 

サッカー教室の子。

近所の子。

同じクラスの子。

あとどこで会ったのかわからないけど知ってる子。

 

知ってる大人もいっぱいいる。

 

校長先生。教頭先生。

放課後スクールの先生。

子供会の役員さん。

フットサルチームのメンバー。

近所の人。

 

昨日見たことあると思っていた人が、夏休みに子供たちに昆虫採集と標本作りを教えてくれた先生だということを思い出す。

そしてその方から最後に声をかけていただく。

「さっき娘さんと歩いているところを見たんだけど、昆虫の標本作りに来て見えた子だよね」と。

娘が大好きな昆虫採集。もう引っ越しで行けなくなること、この夏が最後だったことを伝え、お礼を言うと、引っ越してもまた帰ってきた時に教えてくれるとおっしゃってくださる。

涙出そうに嬉しい。

家に帰ってから娘に話したら、飛び上がって大喜び。よかった。

 

この体育祭のボランティアだけでもまた来たい、とやっさんに話したら「名誉会員になるか」と言ってくれた。

本当にそうしたい。

 

そして知らないうちに、思っていたよりもたくさんの方々に見守られ、子育てしていたことに気付かされる。

 

感謝。

 

地域に感謝。

 

もう住む家はなくなるけれど、ここはふるさとです。

 

最後にボランティアとして参加できて本当によかった。良いフィナーレでした。