読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hayamihoのブログ

フットボールを愛しています

いろいろなものの距離が近い、京都。

京都、2回目。

 

なぜか頻発する既視感に戸惑いながらも、新居に無事到着。

 

で、さっそくやってしまいましたよ。ガリガリガリっと、左前バンパーを。

 

荷物降ろすため、頭から駐車場に突っ込んだら、植えてある木を囲ってあったレンガ(見えなかった💧)にぶつけてしまいました。ごめんなさい。

 

狭い。

 

あちこち狭い。

 

あと、いろんなものとの距離が近い。

 

引っ越し作業の途中、お腹すいたから近くのスーパーに買い出しに行ってビックリ。

 

徒歩1分くらいだった。。。(角曲がったらスーパー)

 

子供と街までお買い物行こうと思ってバス停行ったら、徒歩3分だった。。。

 

そいでバスすぐ来た。すぐ来るの。バス。次々と。

 

小学校は徒歩10分。

 

そしてそして、なんとお隣さんに娘と同い年の女の子が住んでた。

 

お母さんから伺った話によると、転入予定の学校は、21人クラスが2クラスで女子は各7名ずつしかいないそう。

 

ケンカとかしませんように。逃げ場なし。

 

しかもお隣のそのお母さん、首からPTAの札下げてる。。。

 

自由度はグッと下がるけど、まぁ知らない土地に馴染むにはまずまずの采配。

神様、グッジョブ👍✨

 

そして、お向かいには、なぜかいつも玄関先でコロボックルの置物みたいに植木の間に挟まってタバコ吸ってる爺さんが!!!

(植木とだいたい同じサイズ!)

 

私が車ガリガリした時も、見てた。

 

旦那が到着した時も、見てた。

 

私がスーパー行く時も、こっち見てた。

 

なので本当は家族揃ってから改めてするはずだったご挨拶を軽く済ましとこうと思い、バスで街まで出た時に高島屋でお菓子買ってきました。

 

その菓子持って子供引き連れてうち出たら、ピンポンするまでもなく植木と植木の間にいたよ。爺さん。

白髪交じりの長〜い髪をベイルみたいに後ろで結って、同じく灰色の長いあごひげも先っちょを輪ゴム(しかも赤)でクルって丸めて留めてあった。笑

 

笑ってはいけない。

 

神妙な面持ちで「主人だけ先に越してまいりました。子供と私は来年1月からお世話になります。」とご挨拶。

 

「わざわざご苦労さん。」

 

喋った‼︎ よかった、人間だった!

 

他、向かいのもう1軒と両隣とご挨拶。

 

その間もずっと見てるよ。こっち。

 

こえ〜…。

 

男友達とかうちに呼んだらぜったい旦那に言いそうだな、オイ。

 

怪しい行動は慎まねば。。。

 

ここで自由度は完全ゼロに。

 

あと、バス停で一緒にバス待ってる隣の人に「あの、このバス待ってるんですけどここであってますか?」ってアプリ画面指差して聞いてみたら、なんと異国の方だった。

すまんね、というジェスチャーをされ、OKっす。こちらこそすいません、と。

で、そのまた向こうは「私、大阪から来たんです…」とさ。

よく見たら日本人らしきメンバーは私たちとその大阪から見えたご婦人だけでした。

8人くらいいた他のメンバーみんな異国の方だった。なにそれ。

たぶんそのうちの何人かは日本語もわかるし聞けば知ってるんだろうけど、”見た目からして外人”ということで経験した面倒くさい事案の数々によりそういうのはもう一般外人としてスルーする、と決めてるっぽかったためあてにせず。

本当はわかるんでしょ。知ってるよ。知らないふりしてあげるけど。

と、通りがかりのお姉さんをナンパするみたいに次々呼び止めやっと地元の方に正しいバス停教えてもらえました。

 

なんという環境。。。長崎でもここまでではなかった💧

 

子どもはまだ京都の観光地を知らないので、ちょっと連れてこうと思い祇園でバス降りたんですが、二年坂三年坂あたりの公用語はもう完全に英語。

 

子どもがぶつかりそうになったり避けたりするたびに英語で声かけられるため、自然とこちらも英語で対応。

 

お店の店員さんも流暢な英語で接客されてました。

 

そして道行く人々が、仲間内で話している言葉はもう雑多。

何語かさっぱりわからない言葉もたくさん耳に入ってきて、こんなこと滅多にないので新鮮でした。

 

清水寺、超ひさしぶりに行きましたが、怖いもの見ちゃったよ。

 

五寸釘の跡がいっぱい残ってる杉の木。

 

本当にあるんだ…ゴクリ。

 

なんか人と人との距離とかいろんなものが近いなぁ、京都!

 

エキサイティング京都。

 

子供たちはもう「住みたい」と言って楽しみにしています。

 

私は広いお風呂が楽しみ。

 

でも、名古屋に帰ってくると、やはり何年かかけコツコツと自分たちが住みやすいように作り上げてきたこのお家が一番落ち着くな、と思ってしまいます。

 

お風呂狭いけど。

 

そして、庭の木、なんとかしないとな。

 

どうしようかな。アボカド。