読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hayamihoのブログ

フットボールを愛しています

アコギの弦交換の仕方を教えてもらいました。レポ。

music 雑記

今からちょうど2年前の2014年の終わり頃、一目惚れして即購入した、可愛いちっちゃめボディのマイギター。

 

買ってから一回も、お手入れどころか弦交換もしていませんでした(汗)

 

調べてみると、弦交換て1ヶ月に1回の頻度が推奨らしいです。わたし2年間放置。

 

さっそく購入した楽器屋さんに持って行き、まずはプロに弦交換をしてもらいながら、その仕方を教えてもらいました。

 

うちに旦那が購入した弦が2種類あったんですが、一から自分で選びたかったので、店員さんと相談して今回はダダリオにしました。

店員さんがおっしゃるには、たぶん購入時の弦もダダリオのはず、ということでした。

 

最近はピックも使えるようになりましたが、基本わたしのレパートリーは指弾きのアルペジオばかりなので、弦は細くて柔らかいものをとお願いしたらコレになりました↓

f:id:hayamiho:20161208142141j:plain

D'Addario(ダダリオ)日本公式サイト : アコースティックギター弦

 

ちなみに旦那セレクトがこちら↓

f:id:hayamiho:20161208143641j:plain

今回やり方教えてもらったので次回自分でやる時はこれを使わせてもらおうかな。

残ってれば、だけど。(旦那もアコギ持ってるので)

 

自分の覚えのためにも手順をまとめておきます。

 

①まず古い弦を外す。

 

ペグをゆるめ、ブリッジにある固定用のピンを外す。

f:id:hayamiho:20161208162335j:plain

 

で、この道具に注目。

f:id:hayamiho:20161208162409j:plain

これ確かうちにもあったなー、と思い帰ってから探してみると…

ありました。

弦と一緒に、私に見えるように置いてあった。。。

f:id:hayamiho:20161208162756j:plain

この旦那の「ぜったいに干渉を疑われるようなことはしない」姿勢がすさまじい。

さすが。

弦交換が必要なことも教えてくれなかったし(何か教えようとすると怒られるから)、自分のギターメンテだけして私のには指一本触れないし(怒られるから)、でも道具とか弦だけは見えるところにそれとなく置いておくこの距離感。

これまでの20年間で彼が学習したすべてがこの姿勢に貫かれている。

 

それでよし。

 

教えてもらう、は外注だから。

 

で、ペグに巻いてある部分も外してツルッパゲ状態になったとこがこちら。

f:id:hayamiho:20161208164052j:plain

この隙に、ネック部分のお手入れをします。

f:id:hayamiho:20161208164449j:plain

私は今まで弦を外したことが一度もなく、こうやってネックのお手入れをしたことがなかったのですが、いま冬で暖房ガンガンかかっており、相当乾燥していたようです。

オイル塗ってもらいました。

反省。

ごめんね。

 

②新しい弦を張る。

 

まずはダダリオ開封。

 

ダダリオの場合、ピンで固定する弦の末端部分に1〜6弦それぞれ色分けされた玉がついています。どの色がどの弦かはパッケージの内側に記載がありました。

f:id:hayamiho:20161208165306j:plain

 

他のメーカーの場合でも、弦ごとに個包装されていたりして、初心者でもなんとか見分けがつくよう工夫されているそうです。よかった。

 

で、その球の部分をブリッジの穴に入れピンで固定。

f:id:hayamiho:20161208165601j:plain

 

で、反対側をペグに巻いていくんですが、この時ちょっと大事なポイントがあります。

 

まず、ペグの穴に弦を通し、そのまままっすぐ張って指で固定します。

f:id:hayamiho:20161208170115j:plain

 

それから1.5フレット分ゆるめ、

f:id:hayamiho:20161208170612j:plain

その位置でまた固定。

f:id:hayamiho:20161208170902j:plain

この1.5フレット分の余裕が、のちにネックを休めたり、調弦する時の余裕になります。

そしてこのままの状態でペグに巻いていきます。

この時、弦がペグの内側から巻きつくようにしてください。

なので、1〜3弦は反時計回り、4〜6弦は時計回りになります。

f:id:hayamiho:20161208170936j:plain

 

で、すべての弦を張り終えたら試し弾きです。店員さんが。

めっちゃうまい!!!

 

そういえば、このお方、右手の爪がピックのように整えられてました。。。

 

すごい。こんな音出せたんだ、ってくらいの超絶セクシーボイスで艶っぽく哀愁たっぷりに歌うマイギター。初めて聴きました、こんな声。

 

で、帰ってきてから私もさっそく弾いてみましたが、ア、アレ???

 

なんか違う。

 

…腕が違うのか。

 

まぁいいや、お手入れと、あとは練習あるのみ。頑張ろう。

 

一応ビフォーアフター作ってみました。

youtu.be

 

マイクもカメラもPC内臓でそのまま音拾っているためちょっとわかりにくいかもですが、何より弦が柔らかくなって押さえやすい上に弾きやすいし、繊細なタッチでも十分音が出るようになりました。

ちょっとしたミスもすぐわかります。笑

 

これからは、

*3ヶ月に一度は弦交換をする

*弾かない時はすべての弦をゆるめておく

という二つのことを心に留めて大事にします。

 

あと練習も。

 

まずは私も右手の爪をピックの形に伸ばしてみようかな。