読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hayamihoのブログ

フットボールを愛しています

2016年蹴り納め。そして初蹴り@京都。

引っ越ししてから、ずーーーーーーっとうちの中にこもりきりで、そして外は雨で、そしてそしてダンボールと行き場のない荷物に囲まれたテトリス生活3日目の昨日。

 

とうとう我慢できなくなって、個サル申し込んでしまいました。

 

緊急事態。

 

夜、旦那が帰ってくると襲いかかって力一杯の連続パンチをかまし、嫌がられる日々。

 

何かを追いかけまわして、捕まえて、やっつけてやりたい!!!

 

そんな欲求を満たしてくれるのは、もうフットサルしかない。

 

ということで、ネット検索のいちばん上に出てきたフットサル場のMIX個サル20:00~22:00に申し込みました。ココ→http://2036.jp

 

旦那ももちろん快諾。早めに帰ってきてくれるって。笑

 

娘も自分でカレー作ってくれた。弟にも食べさせてくれて、後片付けまで。完璧。

 

みんなありがとう。

 

で、ウェア着ようと思ったら、ないわ。ウェア。

どこ?

ダンボール?

違うわ。衣装ケースの中だ。

衣装ケースどこ?

あぁ、あそこ。。。

あのダンボールの山の向こうにチラッと見える、養生テープでフタとめてあるやつね。

了解。

 

ということで、またテトリスしながらやっとウェア出して着替えたりしてたら、結構ギリギリの時間になってしまいました。

 

申し込みの電話の時に、京都で個サルに来るの初めてなこと、そして始めてまだ1年しか経っていないことなど伝えてあったため、受付の時も「ああ、お前さんかね。」的な感じでわからないことなど優しく教えていただけました。

 

思っていたよりこなれた感じのコートで、個サルの前はスクールの生徒さんたちでワイワイガヤガヤすごく活気がありました。好きです。こういう雰囲気。

子供がたくさんいる風景って、やっぱいいですね。

 

参加者数は、31名で、運営スタッフさんの口ぶりから察するに、いつもよりすっごく多かったみたいです。

 

まずはウォーミングアップがあり、4組に分かれてパス練習をしました。

 

その時、スタッフさんから「次ループでいきまーす」とか「インステップで」と指示があり、私はその意味がわからず前後に並んでいる方に「すいません、ループって何ですか?」と聞いて教えてもらいました。恥。

 

インステップまではいいんだけど、アウトサイドで、って言われても、アウトサイドでパスとかそっちまで届かないんです〜、あ、こんな近くまで拾いにきてもらっちゃってスミマセン💦って感じでその日の参加者全員に広く「今日は初心者がいますよ〜」というアピールができたウォーミングアップ無事終了。

 

で、31人で4人(1チームは3人)の8チームに分かれ、4チームずつが2つのコートに分かれてゲームスタート。

 

その2つのコートを見てゲームをまわすスタッフさんは、なんとお一人!

すごくないですか?

京都ではあたりまえ⁈

 

で、1ゲームあたりの時間が、終了間際になるとどんどん短くなってきていました。

 

これもありがたかったです。

 

最初はいいんですけど、私なんて特に運動不足だし、体重いし、耳当てなくて耳ちぎれそうになるしで、後半のゲーム召集が苦痛になってきていました。

これがずっと8分ずつで続いていたら、この日の京都では朝雪が降っていたこともあり、気温は5度、もしかしたら風邪ひいてたかもしれません。そして怖いのは体力の限界を無視しての怪我。

でも、このナイス采配と時間短縮のおかげで無理なく最後の1ゲームまで無事ニッコニコで楽しむことができました。

 

でも一人で全部見るってすごくないですか?(驚きすぎ?)

 

参加者には常連さんもいらっしゃるようでしたが、皆さん礼儀正しく距離感も適正で、不愉快なこと、イッコも起こらなかったです。

かといってヨソヨソしい感じもなく、こんな足手纏いの私にしっかりパス出してくれるし、1ゲーム終わるごとに「前の(ゲーム)よりはいいとこまで行けましたね。」と笑顔で声かけてくれるし、京都ナイス✌️ナイスすぎる。

 

レベルは正直高かったです。

本当はこのレベルの個サルに私のような初心者がノコノコ入っていくのは場違いでした。

女性は他に1名いらっしゃいましたが、本気で上手い方でした。

もう本当にフットサルが好きでやってる感じです。

この方も距離感適正で、不必要な社交は一切仕掛けてきませんでした。快適。

(繰り返しますが、決して感じ悪いわけでも無視するわけでもなく、適度に話しかけてはくれます)

 

皆さんレベル高くて、それぞれの持ち味があって、得意なポジションがあって、何より即席で組まれたチームなのにチームワークがありました。

それは俺が俺が、ではなく、チームメイトをよく見てどこが自分の持ち場になるのかを瞬時に判断し、過不足なく皆で役割分担をすることが自然にできていたからだと思います。

もう一人の女性がどのような位置でプレーしているのかを勉強のために見ていましたが、後ろも前もその時の状況を見ながら柔軟にこなしていました。

女性はここ、というようなポジションは特に与えられていませんでした。

自由にやってた。

上手いからなんだけど。

でも、そういうの、それを男性同様にこなす彼女はもちろんなんですが、同じチームメイトとして公平に接している男性も見ていてカッコよかったです。

それに、彼女に回ってきたボールをうっかり後ろから奪い取ってしまった男性が、ちゃんと彼女の方に向き直って「スイマセン」と謝っている姿も見ました。

わざとじゃないんだ。

そうわかるだけで安心でした。

 

私はまだまだ下手っぴで、お前ふざけてんのか?という凡ミス連発して失笑ものでしたが、こういう大人な雰囲気の中、久しぶりにすごく楽しかったです。

ほんとに楽しくて、気がついたらニヤニヤしながらボール追いかけてました。

なんかハイになるっていうか。

顔が勝手に笑っちゃうんです。

 

寒かったけど、いっぱい汗かいて、運動不足でうずうずしていた気持ちもすっきり落ち着きました。

 

それに、ここは設備も超快適で、シャワー付きのロッカールームがありました。

f:id:hayamiho:20161229151043j:plain

すごい✨

女性用だけなのかもしれませんが、シャワーは3室あって、それぞれにスーパー銭湯みたいなシャンプーとボディソープが置いてあり、ドレッサーにはヘアドライヤー(これ超ありがたい!)、綿棒、髪ゴム、洗面所とハンドソープがありました。

f:id:hayamiho:20161229151122j:plain

しかもこれ。

f:id:hayamiho:20161229151235j:plain

なんて心広いの。

 

フットサルすると毎回ウソみたいに髪の毛びしゃびしゃの汗だくになる私には本当にありがたい設備です。

またここに来たい!

でも個サルのレベルが高すぎて合ってなーい!

 

ということで、帰りにフロントでスタッフさんに相談すると、初心者用の個サルが隔週の木曜日に開催されているということでした。

女性専用はランダム開催で、開催が決まればホームページで告知と募集を行うとのことです。

なので、こまめにHPチェックしようと思います。

 

個サルのレベルがちょっと高かったことについては、スタッフさん曰く、京都の他の施設と比べても「ここはガチですね」とおっしゃる参加者が多いとのことでした。決して京都全体の個サルがこういう風ではないとのことで、少し安心しました。

 

でも、実は名古屋にいるとき京都から来たフットサル経験者にお二人お会いしたことがあるのですが、そのお二人ともがかなりの上級者でした。

そして、今回参加したこの個サルを見て、やっぱり京都のフットサル文化はかなり成熟しているな、という印象です。

 

また練習してから来ます、と言って帰る私に、お一人でコート2面8チームのゲームを回していたスタッフさんが「あの一瞬のひらめきのループパス、良かったですよ!👍あのひらめきを大事に!」と声をかけてくださいました。

 

ていうか、見てくれてたんですか⁉️

すごい✨

改めてすごい方だ!

あれ、まぐれだったんだけど、我ながらいいコースに出せたな、と密かに思ってたんです。

ちゃんと見ててくれたんですね〜!嬉しい💕

 

と、帰りの車内もウッキウキ(単純)

 

そして、京都の夜はすごく綺麗。

 

京都市内の信号は夜間ほとんど黄色のチカチカになるため、赤信号で滅多に引っかからないのですが、ほんの数回、信号停止した時に見えたのがこちらの景色。

f:id:hayamiho:20161229154913j:plain

f:id:hayamiho:20161229155105j:plain

 

京都に住んでるんだな〜。。。

と思いながらスイスイといい気分で帰宅しました。