読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hayamihoのブログ

フットボールを愛しています

今日は簡単アップルパイを作りました。

*ごはん*おやつ*他おいしいものいろいろ

完全無職のスーパー専業主婦生活も3週間目に突入。

 

はやく仕事したい。

 

誰か大人としゃべりたい。

 

でも誰もいないので、休みの日にダンナが買ってきた”訳ありサンフジりんご”を使いアップルパイ作ることにしました。

 

冷凍パイシート使いたかったけどうちの冷凍庫にはそんな素敵なもの入ってなかったので、バターと小麦粉から作りました。

だから、ちょっと見た目とか食感がアレですが、家族だけで美味しくいただくぶんにはまあ十分です。

ということにしよう。

 

①パイ生地作り。

 

バター100gを冷蔵庫で冷やして、ゆで卵カッターの柵のとこだけ取り外して使い、小さく切っておきます。

f:id:hayamiho:20170116220347j:image

 

それをボウルに入れて、小麦粉(ほんとは中力粉だけど今回薄力粉)120gもふるい入れます。

f:id:hayamiho:20170116220636j:image

 

しゃもじとかスケッパーとかで小麦粉まみれのままバターを細かく切り刻んでいき、冷水70ccを加えてサッとまとめます。(捏ねたり練ったりしちゃダメよ)

f:id:hayamiho:20170116220916j:image

粉残ってていいくらい。

 

それをビニールに入れて冷蔵庫で1時間以上寝かします💤

f:id:hayamiho:20170116221022j:image

バターのつぶつぶがみえるこのくらいでいいです。

パイのサクサクは、焼成時に高温のバターで小麦粉の層が揚げられる状態になって出来上がります。なので完全に混ぜちゃうとその薄いサクサク部分がなくなり、スコーンていうか、ケンタッキーのビスケットみたいになっちゃうので、あえてバターと小麦粉の部分を分けておきます。

 

本当は、バター全量を冷やして固めたまま金箔みたいに小麦層でサンドしながら延ばしてきれいに何層にも重ねていくんですが、今日は転校したての子供たちを時間差で学校までお迎えに行かなければならないため、まとまった作業時間が確保できず、このようなぶつぶつバターの簡単パイ生地になりました。

 

パン生地でこの作業を正式な手順通りやると、クロワッサンの生地が出来上がります。

それにアップルフィリングをのせて焼いても美味しいです(^^)

めっちゃ時間かかるけど。

 

②アップルフィリング作り。

 

りんご2個をイチョウ切りしたもの(正味約500g)にバター20g、グラニュー糖120g、レモン汁2個ぶん、ラム酒大さじ2、シナモン好きなだけを加え煮ます。

f:id:hayamiho:20170116222639j:image

強めの火力でつきっきりで煮ていきます。

そうすると、こんなんなります。

f:id:hayamiho:20170116222849j:image

火を消して余熱が通ると、こんなステキなことになります😋みてみてこの透明感✨

f:id:hayamiho:20170116222957j:image

 

味見…するよね。

 

めっちゃ美味しいので気をつけてください。

(なくならないように)

アップルパイ作るんだった、ということを思い出してください。

 

わたしコレ大好物なんで、煮物みたいにパクパク食べちゃいます。

シナモン強めが好きです。

 

③パイ生地を伸ばす。

 

ぶつぶつバターの生地を冷蔵庫から打ち粉うった台の上に出し何度か伸ばして畳んで、伸ばして畳んで、としていくとこんな感じになります。

f:id:hayamiho:20170116223610j:image

 

これを、今日はアップルパイ用とミートパイ用のふたつに分けました。

 

④成形。

 

アップルパイ、切り分けるのが大変なので、うちはいつもひとり1個ずつのを作ります。

ミスドみたいな四角いの。

f:id:hayamiho:20170116223823j:image

ちょっと雑だし見た目がアレで申し訳ないですが💦

ちなみにこれはミートパイです。

 

ミートパイのフィリングは挽肉とタマネギのみじん切りを塩こしょうしてフライパンで炒め、白ワイン、ケチャップ、ウスターソースで味付けしたものを使いました。

あればレトルトとか缶のミートソースでもいいと思います。

うちは昨日の肉まんに使った豚ひき肉が余っていたため、こちらを先に使い切らなくてはならなかったのでわざわざ作りましたが、メンドくさいですよね。

 

ちなみに、ハヤシライスのルーとかデミグラスソース系の味付けは、だいたいこの「ケチャップ+ウスターソース」で再現可能です。

不思議と。

このルーにカレー粉入れるとだいたいバーモントカレーと同じ味になるので、カレーもこの組み合わせでイケます👍

不思議と。

 

焼成時に破裂しないよう切り込み入れたりフォークで穴あけたりして、とじ目はしっかりフォークでギュッと押さえておきます。

 

焼成

 

190度に余熱したオーブンで30分焼いたら出来上がり〜♪

f:id:hayamiho:20170116225459j:image

 

見た目はアレですが、マジでいい匂い。

あしたの朝ごはんです(^^)

 

あー、たのしみー!

早く朝にならないかな😆