hayamihoのブログ

フットボールを愛しています

2014年11月14日の記録

引越しをすると、奥底にしまいこまれていたいろいろなものが不意に出てきてビックリします。

 

このメモも、なぜかレターセットの入っていた小箱の中にそっと折りたたんでしまわれていました。

 

私はいろんなものをしまいこんで忘れてしまう癖があります。

 

これもその一つなので、もう捨てます。

でも捨てる前に、ここに残しておきます。

 

 

2014.11.14 日本代表vsホンジュラス代表(豊田スタジアム

 

11/11(火)の朝8:58、中部国際空港から愛知県入りした真司くんが12(水)13(木)と豊田市で調整・練習し、今日、インサイドハーフという慣れないポジションで先発出場しました。

フル出場でした。

11/10(月)早朝に日本で見ていたブンデスリーガのボルシアダービーでは後半の途中まで出場(スタメン)。

ダービーでの出来は、あまり良くなかった。というか、チームの連携にうまく絡むことができず何度か置いてきぼりをくっていたように見えた…。

ボールが来ない。

このフラストレーション。

試合後のインタビューでも「チームメイトに信頼されるよう頑張っていかなくてはならない」と言っていた。本人の調子は良さそうなんだけど。

中部国際空港まで出迎えに行った。

どうしても「おかえりなさい」と直接声をかけたくて。

会ってみると、やっぱりちょっと疲れてるように見えた。

それに、身体も変わっていた。

でも、後でネットのニュースを見てみたら「疲れも見せずファン対応」と書かれていた。

無表情。まぁ、いつも通りかな。

息子に気がついて、すぐにサインをしてくれた。

12日は4時からの公開練習を見に行った。この時も、厳しい表情が多かったかな。

今野選手とは長いこと楽しそうにおしゃべりしていたけど。

7月のイベントの時はもっと明るい表情だったから、少し気になっていますが、もしかしたら、私が彼のドルトムント移籍を素直に喜んでいないだけなのかも。

誰にも言わないようにしていますが、やっぱりちょっと”負け”と思ってしまう。

13−14シーズンの、あの状況の中、歯を食いしばって頑張ってきたのをずっと見ていたから、やはり少し悔しい。

マンチェスターユナイテッドでなくても、他のチームに移籍するにしても、プレミアでもうちょっと頑張ってみるのはダメだったのかな。

 

もう言うまい。

前だけ向いて応援していこう。

 

今日のホンジュラス戦は本当に素晴らしかった!

あのポジションで流動的に攻守にわたってボールに絡んでいく真司くん好きだった!

とてもスムーズに動くことができていたと思う。

オフザボールの動き、相手へのプレスも積極的にかけていたし、香川真司のいいところが本当にたくさんでていた。

本人がどう思っているかはわからないけど、私は今までみてきたマンチェスターユナイテッドでのひどい試合の数々(あと謎のボランチ)、ザックジャパンでの左あるいはトップ下よりも、今日のポジションの方が今の彼には合っていると思った。

 

マンチェスターユナイテッドでの、あの暗黒のシーズンは、彼をすっかり縁の下の力持ちに変えてしまっている。悪いことではないのだけど、もったいない。

彼はすごく頭がいい。

よく見ている。

冷静に状況を判断して瞬時に的確な行動がとれる。

 

とにかくよく見ている。

 

顔を上げて、それから周りを見るタイプではない。

天才的な視野の広さ。

そして魔法のようなあの動き!

 

インサイドハーフ、今まできいたこともなかったけど、今日のメンバーの中では本当にぴったりの位置だと思う。

 

素晴らしい試合でした。

 

あとはゴールを待つばかり。

来週のオーストラリア戦がたのしみです。

 

日本、ホンジュラスに6-0大勝 キリンチャレンジカップ2014 | JFA|公益財団法人日本サッカー協会

f:id:hayamiho:20170118093617j:plain

MF 香川真司 選手(ボルシア・ドルトムント
ここまで得点力が課題でもあったので、6-0で無失点という結果はよかったと思います。立ち上がりにセットプレーでゴールできたのはすごく大きかったですし、その後も2点目、3点目が前半のうちに取れて、勢いに乗れました。自分もゴール前に入って行って得点のチャンスがあったので、決められなかったのは悔しいです。サイドチェンジはボールを持った時には意識して逆を見るようにしています。サイドの高い位置にポジションを取れると自分たちにとってはすごく大きいですし、パスコースや攻撃の幅が広がったのではないかと思います。球際やセカンドボールですごく戦えていたからこそ、こういう結果になったと思いますし、チームとして連動して戦えていたと思います。でも、もっと厳しい相手に対してどこまで出来るかということも、常に意識してやらないといません。次の試合もいい戦いができるようにしっかり準備したいです。

 

アギーレさん、良かったのになぁ。

アギーレジャパン、

もう少し見たかったな。。。(´-`).。