読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hayamihoのブログ

フットボールを愛しています

祝・嬉しい社会復帰♪

新生活@京都 雑記

今日、派遣会社との契約が終わり、子供達を放課後に預かってもらう京都市の学童クラブへの申請が無事終わりました。

  

2月1日からの勤務開始に合わせての学童クラブ利用申請は今日中でないと間に合わない、と言われていたので、本当にギリギリでした。汗

 

間に合ってよかったです。

 

子供達を預けるにあたって、夫婦二人ともの就労証明書がいるんですが、本社で発行されて郵送されるはずのその証明書がなかなか届かず、京都支店で契約したあと祈るような気持ちで飛んで帰ってきたら、ちゃんと今日届いていました。

 

子供達が渡してくれた。

 

旦那のは昨日レターパックで届いていたので、そのまま申請書類一式を抱え児童館に走りました。

 

4時頃には無事到着。フゥ〜!

 

で、特に不備もなく、無事そのまま受理していただけました。

 

「では2月からどうぞよろしくお願い致します。」とクラブの方に頭を下げ、

児童館を出て、

家までの道のりを歩きながら、

やっと「本当に働くことができるんだ」と実感。

ちょっと泣いちゃった。

 

名古屋では、実母の経営する美容室の事務手伝いをしていましたが、暗に、

子供達が小さいうちは家のことを優先するように、という圧力がかかっていました。

 

実母によって。

 

だから、他の仕事に就業しなくてもいいように、あれこれ世話を焼かれていました。

お給料も就業時間にかかわらず一定金額が入るようになっていましたし、私が節約をしすぎないように、いつも無農薬の野菜セットやお米などを断っても断っても大量に送ってきました。

そして私が他の仕事に就こうとすると、何のために働くのか、子供がかわいそうだ、と言うのです。

彼女は私が社会復帰する理由を片端から握りつぶしていきました。

そして最終的に、私を美容師にして店を継がせようとしました。

 

でも、それは私の仕事、私の人生ではありません。

彼女のものです。

 

私はきっぱり断りましたが、その後も名古屋での状況は変わることがありませんでした。

 

今回の京都への引越しは、私にとってやっと自分らしく生きることのできる絶好の機会となりました。

 

感謝しかない。

 

もっと時間をかけて、いろんな選択肢の中からじっくりと仕事を選ぼうと思っていたけれど、不思議なご縁の連続で、どうしてもある一つの職場からのオファーが来続けました。どこの派遣会社に行っても、結局紹介されるそのお仕事。

 

もうこれは何かのご縁だと思ってお受けすることにしました。

 

でも、職場見学に行き直属の上司となる方と面談をしたり、いろいろと手続きをする中でも、わたしはずっと不安でした。

 

これは本当なんだろうか…?。。。(´-`).。

という気分。

 

子どもたちは本当に大丈夫なのか?

 

誰もいない家に置き去りにしなくてはならなくなったりはしないだろうか?

 

病気や怪我をしたらどうしようか?

 

授業参観の時、本当に仕事を休むことができるだろうか?と。

 

ずっと檻に閉じ込められていたので、鍵が開いているのはわかっていたのですが、出るのが怖かったのです。

 

でも今日、実際に学童クラブの申請が受理され、娘と息子の居場所が用意されるのをこの目で確認した時、やっと実感することができました。

 

わたしはもう檻を出ることができるんだ。

そのことで私を非難する人はもうここにはいないんだ。と。

 

清々しい気分でした。

そしてちょっと久しぶりに感動しました。

 

こんなこと、本当にバカバカしいことだとは思うのだけど、私が何よりも嬉しいのは、私自身の知り合い、友達、上司など、自分だけの人間関係を築き、そこに誰にも属さない自分自身の居場所を作ることができる、ということなんです。

 

まるで新一年生です。笑

 

子供が生まれてから、ずっと誰かの影であり、保護者だったから、お母さんとか、ママさんとか、奥さんとか、そう言う呼び名で呼ばれ、書類には旦那の名前でサインをし、印を押し、子供の名前で呼ばれて返事をし、そう言う生活がもう10年続いていたから、喜びもひとしおです。

 

やっと、誰か他の人と、私という個人で向き合うことができる場所に行けるのです。

 

独立したひとりの人間として社会に参加できるのが、こんなに嬉しいことだなんて今まで知りませんでした。

 

仕事内容は希望していたよりもずいぶんハードなものになりましたが、直属の上司となる方からは「ここである程度の経験を積むことは、必ず将来のキャリアにつながる」と言われ、覚悟を決めました。

 

どんなに大変でも、愚痴や弱音を吐かず、やり抜いてみよう、と。

 

もちろんフットサルも続けます。目標もできました。

 

あんまり嬉しかったので、たぶんこれから必要になるだろう手帳とA4ファイルの入る鞄を新調♪

f:id:hayamiho:20170127185043j:plain

よーし、がんばるぞ💪✨