hayamihoのブログ

フットボールを愛しています

サッカーかフットサルか ー息子編ー

サッカーか、フットサルか。

 

この大きな命題に決着が付き、

サンガのコーチのなんと個人携帯からかかってきた「入会どうなってますか?」コールのプレッシャーにも「まずはフットサルひと筋でがんばってみることに決めましたので、ゴメンゴ🙏」と真摯に向き合い、

クッソ忙しいシンポジウムも終わったし、

さて、個サル行くかー!と夕飯食べながらiPhoneで翌日の個サル情報をみていたらば、

突如息子が言いました。

 

『ぼくもフットサルに行きたい。』と。

 

え。

 

サッカーもうやりたくない、て、言って、なかったっけ。

 

『サッカーじゃなくてフットサルがしたい。』

 

ハゥ…!まさか‼︎

 

そ、そんなマニアックな…‼︎

 

うそうそ。。。

 

『コートに入れなくてもいいから、見てるだけでもいいから、おねがい。まわりでひとりで練習するから、フットサル一緒に行きたい。』

と、切ない(そいでかわゆい)こと言うのです。

 

うそじゃないのね。

 

そうなのね。

 

と注意深くヒアリングしてみたら、どうやら、彼は名古屋で月イチで開催されていたあの”親子フットサル”に行きたいらしいのです。

 

親子フットサル、か。。。

 

京都にあるかな。

 

と探してみましたが、残念ながら定期的に開催されている子連れオKの個サル、京都には皆無でした。

 

こうなってみると、もう私だけいそいそと個サルに出かけていくわけにもいかず。

 

なんということでしょう。。。。泣

 

で、なんとか子供と一緒に蹴ることのできるフットサルイベントを探しまくったら、いっこだけありました。

 

クーバーサッカースクール京都南校のイベントで。

3月の日曜日。

 

フットサルじゃないけど、まぁいいか。

 

息子はサッカーもう習いたくない、って言ってるけど、やっぱりボールを蹴りたい気持ちは強いことがわかったので、土曜日に通えるスクールを探しています。

 

本人はフットサルをやりたいと言っているけど、どうしようかな。

 

彼にとって、ここでサッカーを習うか、フットサルを習うかは大きな分岐点になると思うので自分の時よりもだいぶ慎重になっています。

 

とにかく名古屋のあの親子フットサルに行きたい、と言うのだけど、そこに彼の本当の希望が隠れているような気もします。

 

が、名古屋のフットサル場にはもう行けません。

 

悲しいけれど、それが現実です。

 

サッカー関連の思い出がこれ以上後ろ向きなものにならないよう、今このタイミングで突然息子の心の中に湧き上がってきた「ボールを蹴りたい!」という欲求を、なんとか新しい生活の中で満たしてあげたいです。

 

もうそろそろ彼のサッカー経験を名古屋から切り離してあげたい。

 

「フットサル」にこだわる理由はなんだろう?と考えた時、そう思いました。

 

でも、もしかしたらきっかけがなんであれ、結果フットサルを習っていてよかった、と思うときもくるのかもしれない。

 

先のことはわかりません。

 

最後は息子自身に選ばせるしかありませんが。

 

どうなることやら。

 

しばらくあちこち体験などに行ってみるしかないのかな。

 

そしてわたしもなるべく(ピッチには入れなくても)息子と一緒に行ける時間帯の個サルを探して行こうかな、と考えています。

 

”あの場所にいたい”、”そこにいるだけでもいい”という気持ち、私もすごくよくわかるから。

一緒に連れて行ってあげたい。

 

でも2時間は長いから、もうちょっとあったかくなってきたら、かな。