読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hayamihoのブログ

フットボールを愛しています

怒り、っていうか最終的には悲しみだけど、まだ信じたい。サッカーの力を。

昨夜、眠りにつく前にわたしが考えていたこと。

 

モナコ戦ぜったい真司スタメンだよね…

 

起きれるかな…

 

もうあと3時間か、早く寝なきゃ…

 

というようなこと。

 

けっきょく、起きたのは5時頃でした。

 

自分が観れなかった試合の途中経過を知ってしまうと、録画したものを観るときの邪魔になるのであえてテレビやTwitterを見ないようにしていました。

 

午前9時頃、風邪で学校を休んでテレビを見ていた娘が2回私に言いました。

 

一度めは家の中で。

「ドイツでドルトムントのバスが爆破されたけど香川は無事だって。」

 

ふうん、と聞き流す私に、彼女は小児科に向かう車の中でもう一度言いました。

 

「ドイツでね、ドルトムントのバスが爆破されたんだってよ。」と。

 

わたしはそれを聞いても大したことないと思っていました。

 

ある種、ひとつのモニュメントとして”BVBバス”が標的になっただけで、選手に影響はないはずだ、選手が乗っている状態のバスが狙われるはずはない、とどこかで思い込んでいました。

 

が、それは私の間違いでした。

 

世界は私が思っていたよりももっとずっと狂っていたのです。

 

娘を病院に連れて行き、長い待ち時間にとうとうTwitterを開けた瞬間、そこに流れてくる破損したバスの画像、バルトラの怪我、そして手術という2文字に心底驚いて、思わず叫びました。

 

待合室にいるお年寄り全員がこちらを見るくらい、マジで叫びました。

 

モナコ戦が中止されたこと、選手が乗っているバスを(ガチで)狙った犯行であったこと、試合前の移動中にそれが起こったこと、そして何より、オバメヤンをはじめ、あんなに不安そうにしている選手の近況が次々写真付きでアップされている状況に目を疑いました。。。

f:id:hayamiho:20170412221450j:plain

f:id:hayamiho:20170412221749j:plain

 

命を狙われるって、どんな気持ちか。。。

 

死ねって、言われる気持ち。お前なんか死ねばいい、というメッセージ。

 

これをどうして彼らが受け取らなければならないのか。

 

前に、フランスvsドイツの国際親善試合の開催中に起こったパリのテロを思い出しました。

 

あの時、フェイスブック上にはこんな文言が出回りました。

 

「テロリストがパリにいるなら、パリを空爆すれば良いのに。」

 

逆説的に「なぜ中東諸国の都市は空爆しても良いのか」ということを言いたかっただけの記事なのですが、この文言は当時私の心に鋭く刺さりました。

 

血が出るかと思うほど、刺さりました。

 

パリには、私の友人が数多くいたからです。

 

この文言は、私にとって「他の国への空爆がなくならないのなら、それらの国々の住民と同じように、お前の友達だってテロリストと一緒に殺してしまっても構わないんだよ、理論上は。」というメッセージでした。

 

言っている本人は、したり顔で、ドヤ顔で、言ったった、くらいの感じなのかもしれませんが、私にとってはそれがどんなに理論上正しくともひどく受け入れがたいものでしたし、心が傷付きました。

 

殺される、あるいは殺そうとされることが、どんなに人の心を傷付けるのかは被害者やその近親者にしかわからないのかもしれません。

 

この感情がわかる人は、逆に少ないでしょう。

 

けど、想像することはできるはずです。

 

サッカーが嫌いな人なんていない、って私は思ってたけど、いるのかもしれません。

 

選手の乗ったバスを攻撃するなんて。

 

最初怒りでしたが、やがてそれも悲しみに変わりました。

 

サッカー選手だけは狙って欲しくなかった。

 

もちろん他の誰も殺されてはならないけど

”サッカー選手はとりあえずそういうのとは別にして大切にする世界”

というのを心のどこかで信じていました。

 

幻想?

 

幻想ですか?

 

サッカーにそんなチカラ、ないですか?

 

いや、まだあると信じたいです。

 

1泊多くドイツに滞在しなくてはならなくなったモナコサポーターに、あの(!)ドルサポが宿の提供を申し出、試合前(ここが重要)(試合後はたぶん絶対ムリ笑)の一夜を共にし、こんなにお互い打ち解け合うなんて奇跡でしょ。

 

そしてバルトラの腕にも奇跡を。

 

1日でも早く治りますように。

 

今夜はあらゆるものと戦います。

 

皆で力を合わせて。

 

サッカーの力を信じたい。負けたくない。

 

こんなクソみたいなメッセージは絶対に受け取らない。