hayamihoのブログ

フットボールを愛しています

フットサルの神様

サッカーには、サッカーの神様がいる。

 

いつも手に汗かいて祈ったり、涙目で恨んだり、飛び上がって感謝したり、わぁって驚いたりしてるし、それに対するフィードバックもなんとなくあったりするので、だいたいどんな神様かっていうイメージはある。

 

ピカピカで、派手で、スタジアムよりも大きくて、すごいパワーのある神様。

 

ある時は審判の吹く笛の音色として、ある時はサポーターのチャントとして、ある時は信じられない軌道を描いてゴールに吸い込まれるFKのボールとして。

 

練習や試合が終わった後に残っている雰囲気とかそういうのも独特で、目に焼き付いて離れない風景もたくさんある。

 

でも、フットサルではそんな偉大なものの存在を感じたことはなく、いつも淡々と練習し、ゲームをし、ああ楽しかった、で終了。

 

試合の観戦経験も乏しいので、神がかったプレーや奇跡的なドラマを目撃したことはないし、サッカーのように神々しい体験を誰かと共有したこともない。

 

でも、昨日、個サルの帰りにふと「フットサルにも神様いるな」と感じた。

 

サッカーの神様と違って、その神様は小さなフットサルコートの中で個サルを回している。

初心者にパスやドリブルの仕方を教えている。

たまにかっこいい技を見せてくれたりする。

女の子に優しくて、ビブスをきれいに洗濯してくれるけど、足がちょっと臭い。

そして「ナイボ!」と言う。

夕方の公園で練習していると、「うまいな〜!」とか「スパイク履いてるん」と話しかけてきてくれる。

朝練では「うちの娘も他県でサッカーしてんで。頑張ってな!」と声をかけてくれる。

学校や職場などいたるところで仲間を作り、フットサルコートにみんなを集める。

そしてコートの中にしっかり立ち、うまい人も下手くそも、男も女も、大人も子供も、みんながそれぞれ楽しそうにプレーしている様子を見守っている。

腕組みして。

足は肩幅以上に開き、

頭はもちろんダビド・ルイスばりのくるくるパーマ。

 

そしてゲーム中熱くなって叫ぶ私に、コートの端からそっとつぶやく。

 

コーチングしてんのお前やん」て。

 

たしかに汗

 

フットサルの神様ってそういう人。